FC2ブログ
さらちゃんち 島旅編
島旅のブログです。いろんな離島を紹介できれば、と思います。よろしくです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直島のたび2 -- 地中美術館
到着後、とりあえず直島で最もメジャーな美術館、
地中美術館を目指します。


フェリーターミナルから町営バスに乗って、終点
つつじ荘前まで。

つつじ荘から先はベネッセが管理している土地になっていて、
そこから先はベネッセのバスが運行しています。


地中美術館行きのバスまで時間があったので、歩いて
5分のとこにある草間彌生さんの作品を見に行きました。
DSC06842_R.jpg
海に浮かぶ南瓜がシュールです。
こんな感じで島の中はちょいちょいアート作品が
点在しています。


さて、バス亭に戻り、ベネッセバスに乗ります。
ベネッセの敷地には、地中美術館、李禹煥美術館、
ベネッセハウスなどの施設があります。
また、中にはホテルもあって、そこに泊まると
泊まった人しか見れないアート作品があるようです。


地中美術館まで行く、途中の景色。
DSC06856_R.jpg
砂浜がきれいで、泳いでみたいです。


一番奥にある地中美術館へ。
10分くらいで到着です。
DSC06844_R.jpg
安藤忠雄設計の、すごく建築の力を感じる建物です。
安藤さんの建築物は、このブログでも淡路島の淡路夢舞台
紹介しましたが、負けず劣らずの素敵な作品です。
写真はとれなかったので紹介できませんが、安藤さんの建築と
様々な芸術家さんの作品が一体となった素敵な美術館でした。

美術館の中にカフェがありました。
DSC06852_R.jpg
カフェで飲み物を買って、瀬戸内の素敵な景色を見ながら
お茶をすることが出来ます。


美術館の作品ですが、絵がいっぱい並んでいるというよりは、
大物の展示中心です。
個人的にはモネの展示が良かったです。
地中美術館のサイトでどんな作品があるか見れるので、
よければ参考にしてください。

では。
関連記事

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sarachanchi.blog55.fc2.com/tb.php/376-25bffcc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。