さらちゃんち 島旅編
島旅のブログです。いろんな離島を紹介できれば、と思います。よろしくです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
軍艦島のたび5 -- 廃墟
さてさて、軍艦島散策。


上陸して少し歩くと、レンガ作りの建物跡があります。
DSC08322_R.jpg
軍艦島の初期の時代の建物だそうです。
ここに炭鉱夫用のお風呂があって、作業後にここで
汚れを落とした場所らしいです。


そして、コースの一番奥に住宅跡があります。
DSC08331_R.jpg
手前にある濃い灰色の建物が、日本最古の
鉄筋コンクリート集合住宅です。
なんと100年近く前の1916年に建てられ、当時では
世界でも珍しい最先端の住宅でした。


建物と建物の間はかなり狭そうです。
DSC08332_R.jpg
この奥に、更に多くの住宅や、商店街、映画館、パチンコ、
郵便局、病院など、いろいろ施設がありました。
土地がない為か、地下もあって、商店や理容室などが
あったようです。

されに拡大してみると、
DSC08335_R.jpg
人が住んでいたころの名残りが感じられます。


軍艦島の大きさは、全長480メートル、幅はたった160メートル
しかありません。
しかも鉱山部分が広く、居住区は島全体の半分以下です。
こんな狭い空間に5,000人以上の人が暮らして、働いていました。


圧倒的な存在感を持つ廃墟、
近代化をしていく日本、その当時の時代が
感じられた気がしました。

今、世界遺産登録でかなり込み合っていると思いますが、
ぜひ一度は足を運んでほしい場所です。
では。
関連記事

テーマ:廃墟・廃屋 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sarachanchi.blog55.fc2.com/tb.php/406-9015b3e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。