さらちゃんち 島旅編
島旅のブログです。いろんな離島を紹介できれば、と思います。よろしくです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
硫黄島のたび8 -- 俊寛とジャンベスクール
島を1周した後は、締めに島内唯一の室内温泉、
三島開発総合センターへ。
DSC_1996_R.jpg
なんと、ここ無料で入れます。

他の露天温泉と比べると、眺めはイマイチですが、
それでも湯船に使ってのんびり出来ました。

開いている日が週3日くらいしかないので、宿の人に
聞いてから行ったほうがいいかもしれません。


ちなみに総合センター前には俊寛の銅像があります。
DSC_1999_R.jpg
俊寛は平安時代の僧侶で、平氏を打倒しようとしたのですが
陰謀が露見してここ鬼界ヶ島に流されたそうです。
能や歌舞伎にも取り上げられる有名な方らしいのですが、
ここに来るまで、ぜんぜん知りませんでした。


晩飯まで時間があったので、少し集落を散策してみます。
集落の真ん中にある熊野神社です。
DSC_2001_R.jpg
硫黄島の熊野三山と呼ばれている場所の一つだそうで、
昔ながらの、集落の守り神っぽい
不思議な雰囲気を持つ神社です。



次は、集落そばの安徳天皇墓所。
DSC_2004_R.jpg
安徳天皇は、平安時代に平家に支えられて即位した
天皇だそうです。平家が源氏に負けた時に、逃げ落ちて
この硫黄島で崩御されたと言う伝説があるようです。

俊寛といい、やたらと平安時代に因縁がある島です。



最後は、集落から5分ほど東に行ったところにある、
三島ジャンベスクール。
DSC_2009_R.jpg
ジャンベとは、、
西アフリカの伝統打楽器だそうです。

なぜ、ジャンベなるものが硫黄島にあるかと言うと、、、
ギニアでジャンベの神様と呼ばれるママディ・ケイタという人が
硫黄島に毎年アフリカの太鼓を叩きにやってくるからだとか。。

なぜ硫黄島に来るのかは不明です。。


ただ、お陰でこの硫黄島にアジア初のジャンベスクールが
出来て、日本国内からジャンベを学ぶ留学生を受け入れて
いるとのこと。
しかも何故か留学すると月4万円もらえるようで、定員以上の
応募があるようです。



温泉に火山に、クジャクに、平安時代に、アフリカの太鼓と、
なかなか盛りだくさんな硫黄島です。

では。
関連記事

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sarachanchi.blog55.fc2.com/tb.php/451-58a902d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。